「すべては自己責任」って言うけれど…

こんばんは、岡本みよです♪

画像



「ご神仏に喜んでいただき、
   自分も開運しちゃえる超お得な1dayセミナー」

『開運守護神社の参拝法(入門編)』 ~はじめの一歩講座~

4月25日(日) 松山開催  詳細・お申込は コチラ

5月16日(日) 岡山開催  詳細・お申込は コチラ


---------------------------------


明日1日出勤すると、
またまた週末がやってきます

この土日は、何も予定を入れていない、
そ~れ、そ~れ、お休み日和です


1.温泉に浸かって身体を思いっきり伸ばします。

1.リラクゼーションサロンで、施術を受けます。

1.時間を気にせず、たっぷりと睡眠をとります。


いえ、別にここで宣言する必要はないんですけどね


今日も応援の → クリック

ありがとうございます


---------------------------------


『すべては自己責任』

この世で生きている限り、
自分の外側に見えるもの、起きること、

それらは、すべて、
自分の内側にあるものが現象化しているだけなんですよね


誰かに、いちゃもんをつけられても、

大勢の中で、一人だけ忘れられたとしても、

ネガティブなエネルギーにヤラれたとしても、

浮遊霊(?)に憑かれたとしても、

信号待ちで停止しているところに、後ろから追突されたとしても…。


一見、「被害者」のように見えるかもしれないけど、
これらも、すべて自己責任。

自分の内側に、その「タネ」がないと、そうなりません



しかし、 「すべては自己責任」のフレーズは、
「自分のことだけに通用する」ものだと思います。

大袈裟に言うと、 「自分の宇宙の中だけに通用する」
とでも言いましょうか。。。

(おいおい、どしたん今日のブログ


他人の経験に対して、
「それもあなたの自己責任だから!」

で、済ませてしまうのは、ちょっと違うと思います。



例えば、
信号待ちで止まっている車に、
他の車が、後ろから一方的に追突したとします。

三次元的には、
止まっている車に一方的に突っ込むと、過失割合は「10:0」で、
追突された側は、この場合、「被害者」となってしまいます。


けれど、これを宇宙の法則で見た場合、
追突した側も、された側も、
「自分の現象に対して」は、 「自己責任」ですよね。

追突された側も、もれなくそうです。

追突されるのも、
自分の内側に、追突される原因があるのです。



でもね。。。

だからと言って、
追突した側が、された側に向かって、

「追突されたのは、あなたの自己責任。
 だから、俺は知らん!」は、違いますよね。

三次元的には、「やっちゃった。」のだから、
やはり、キチンと誤りましょうよ。

「ごめんなさい。」って。


「すべては自己責任」は、自分の宇宙のもの。

都合よく他人に振りかざして、
自分の非を隠すためにあるものではありません


自分と関わるすべての人。

「あの人が、あ~なったのは、あの人が選んだことだから。。。」

確かにそうなんだけど、
その一言で、すべて片付けてしまって、本当にいいのだろうか…。

そう言い捨てることで、
自分の中の、「何か」を見て見ないふりをしていないだろうか…。



。。。って、こんな現象を見せられるのも、
みよ自身の問題(自己責任)なんですけどね~。

でも、今日は、このことを書きたかったのだ

うん。


by みよみよ~


みよみよのホームページ ヒーリング&セラピー Light Station

ブログランキングに参加しています。応援のクリック、ありがとうございます♪
画像



《岡本みよ・出没予定》

【開運守護神社の参拝法(入門編)~はじめの一歩~】
 4/25(日) 松山開催  残席4名様!
 詳細・お申込は コチラ

【開運守護神社の参拝法(入門編)~はじめの一歩~】
 5/16(日) 岡山開催
 詳細・お申込は コチラ


【レイキ伝授・アバンダンティア伝授】
 随時受付けております。
 詳しくは、ホームページよりお問合せくださいね♪  コチラ

この記事へのコメント